門真市社会福祉協議会ホームページ

 

共同募金

共同募金とは

赤い羽根共同募金は、民間の運動として戦後直後の1947年(昭和22年)に、市民が主体の取組みとしてスタートしました。
そして、60年以上たった今、社会が大きく変化する中で、様々な地域福祉の課題に取り組む民間団体を支援するしくみとして、また、市民の優しい思いやりを届ける運動として、共同募金は市民全体の運動を進めています。
◇ 共同募金の種類

・戸別募金・・・自治会・町内会を通じて、各世帯からの募金となります。
・職域法人募金・・・市内の事業所や法人、官公庁等の職場からの募金となります。
・街頭募金・・・道行く人からの募金となります。
・バッジその他の募金・・・赤い羽根共同募金のバッジ購入分等の募金となります。

◇ 地域で集まった募金は、集めた地域で使われます
集まった募金の70%は、募金をいただいた地域で使われています。
残りの30%はみんなの住んでいる市町村を越えた広域的な課題を解決するための活動に、都道府県の範囲内で使われいます。


◇ 共同募金は毎年10月1日から12月31日まで
共同募金運動は、毎年1回、10月1日から12月31日まで、北海道から沖縄まで全国一斉に行われます。
全国一斉に募金を行うために、厚生労働大臣の告示によって、募金機関が決められています。


◇ 共同募金の具体的な活動

・自治会の協力による個別募金
・法人、店舗、事業所等の窓口に募金箱を設置する窓口募金
・各イベントに出向き行うイベント募金
・市内事業所に協力してもらう事業所募金




◇ 税制上の優遇について

●共同募金会への寄付は”非課税措置の対象です”

共同募金会への寄付が、特に税制上の優遇を講じられています。共同募金会の行う事業が社会福祉法によって位置づけられた運送であり、共同募金による配分が社会福祉の増進に貢献していると、社会的評価を得ているためです。


●住民税も控除対象になります(個人の場合)

社会福祉法人に対して直接寄付をする場合は、所得税の控除対象になりますが、共同募金会を通じて寄付を行う場合は、さらに住民税の税額控除対象にもなります。


●寄付金が金額損金算入になります(法人の場合)

共同募金会に対する寄付には、社会福祉法人に直接寄付をする場合に比べ、法人税法上格段の優遇措置が設けられています。それが法人寄付の全額損金算入です。


門真地区募金会での実績

◇ 平成28年度共同募金実績額
みなさまからお寄せいただいた募金は、地域の障がい者や高齢者、子どもたちの為、またボランティア活動等、幅広く福祉活動に役立てられます。
自治会を中心とした市民の皆さまをはじめ、法人・各種団体などあたたかいご支援・ご協力いただき、ありがとうございました。

合計:3,877,524円

募金の種類 募金額
戸別募金 3,384,601円
職域・法人募金 98,216円
街頭募金 76,207円
バッジ・その他募金 318,500円




◇ 平成27年度共同募金実績額
自治会を中心とした市民の皆さまをはじめ、法人・各種団体などあたたかいご支援・ご協力いただき、ありがとうございました。

合計:4,079,883円

募金の種類 募金額
戸別募金 3,570,108円
職域・法人募金 103,984円
街頭募金 51,291円
バッジ・その他募金 354,500円

たくさんのご協力、ありがとうございました




◇ 平成26年度共同募金実績額
「自分の町を良くする仕組み」というキャッチフレーズで、平成26年10月1日から12月31日にかけて、今年度も赤い羽根共同募金運動を実施いたしました。
自治会を中心とした市民の皆さまをはじめ、法人・各種団体などあたたかいご支援・ご協力いただき、ありがとうございました。

合計:4,286,264円

募金の種類 募金額
戸別募金 3,791,425円
職域・法人募金 66,853円
街頭募金 63,641円
バッジ・その他募金 364,345円

●平成27年度の配分先のご紹介




◇ 平成25年度共同募金実績額

あたたかいご支援・ご協力いただき、ありがとうございました。

合計:4,554,559円

募金の種類 募金額
戸別募金 3,992,926円
法人募金 80,000円
職域募金 27,614円
街頭募金 48,019円
バッジ募金 406,000円

●平成26年度の配分先のご紹介